ソフトウェア開発/販売、情報処理、システムインティグレーション、データセンター、データエントリーサービスの株式会社ニュージャパンナレッジです。 

新着情報

経口メイトの販売開始にあたり、赤い羽根共同募金プロジェクトに参加しました。

2016年03月04日

お年寄りが噛む、飲みこむなど、食べる動作を維持してもらうことをサポートする 「経口維持加算計画作成ソフト 経口メイト」をご購入いただくと、1件につき600円、 導入6ヶ月後の経口維持加算人数に応じて10円、導入6ヶ月後ソフトの改善意見に協力していただくと1施設につき100円を、赤い羽根を通じて寄付し高齢者福祉施設を支援します。


拡大
 当社の新商品「経口メイト」の販売開始にあたり、赤い羽根共同募金の「募金百貨店プロジェクト」に参加。本日はその調印式が行われ、当社社長 黒神と、社会福祉法人山口県共同募金会会長の清弘様との間で、上記要約を示した覚書に調印が交わされました。

拡大
 ところで経口維持加算とは聞き慣れない言葉ですよね。特養や老健などの介護関係で働いていらっしゃる方以外は、まず耳にされたことはないでしょう。当日は新聞社や経済誌の取材もありましたので、まずはソフトの内容説明に時間を頂きました。

拡大
 そして当社の募金プロジェクトの名称は「ごはんが美味しい!幸せサイクルプロジェクト」フリップボードを使って募金により幸せが循環する様子を説明しました。当社としてもただ募金するのではなく、皆様のご意見から製品の品質アップを狙って行きます。募金するだけじゃないWin-Winの関係です。

拡大
 そして最後は笑顔で写真撮影。会場では手作りのフリップボードが受けていました。磁石でぺたぺた貼れる感じのやつです。私共はソフト会社ですから、PowerPointで資料を作ってプロジェクタでぱぱっと説明する方がはるかに簡単なのですが、それじゃどうにも味気ない。こういうフリップボードの手作り感が楽しいんです。やっぱり仕事は楽しんでやらないとね。

経口維持加算取得の決定版「経口メイト」販売ページはこちらです
 
以上、レポートは立石が担当しました。






平成28年3月7日追記
翌日の山口新聞に記事が掲載されていました。ありがとうございました。

新聞記事


平成28年3月22日追記
山口経済レポート平成28年3月18日号に記事が掲載されていました。ありがとうございました。

山口経済レポート